SUZUKI/スズキ アドレスV

バイク用品の通販サイトSEED DIRECTへようこそ。このコーナーでは、SUZUKI/スズキ アドレスVの車種情報をご紹介しております。SEED DIRECTが取り扱うSUZUKI/スズキ アドレスVの部品・カスタムパーツをお探しの方はこちらからどうぞ!

アドレスV()

1990年にアドレスV50として発売開始。翌年にはアドレスV50TUNE(チューン)と基本フレームはそのままに100ccエンジンを搭載するアドレスV100を追加する。この時点では全て2ストロークエンジンを搭載するが2000年に50ccが。2005年にV100がそれぞれ生産を終了する。50ccベースの車体に2ストローク100ccエンジンを搭載したV100は、バイク通勤ユーザーから小回りの利く加速性能に優れたエンジン性能から広く受け入れられ2種スクというジャンルを確立したパイオニアとなっている。V50/V100の生産完了に伴い、2005年アドレスV125・2006年にアドレスV50として4ストロークエンジンを新採用して復活。特にV125は、V100と同じ車体重量85キロを実現し同クラス最軽量スクーターとしている。車体の軽さは燃費・加速性能に好影響を与えメーカー出荷状態でも250ccクラスのビッグスクーターにひけを取らない性能を発揮し4ストロークエンジンならではの燃費性能と取り回しの良い小柄な車体はメーカーの戦略的な販売価格と併せて大ヒットとなる。バリエーションとしては、盗難抑止アラームやメットインボックスに12VDCソケットを装備した豪華バージョンのGが存在する。また冬季限定ホットグリップ装着仕様車等の特別仕様車も度々発売された。2010年にモデルチェンジを行いアドレスV125SとV125ベーシックの2本立てに変更されV50については小改良を繰り返し現在に至る(2011年1月時点)
KAZU中西一言インプレッション
原付スクーターにおけるスズキイズムを感じるシリーズ。2ストの50は上質感のあるバイクだなと思ったが、100は俊敏さが面白い。V125については50ccクラスの車体にパワフル指向の125エンジンなのだから、そりゃーもう速いに決まってる!個人的には冬季仕様が実は通年楽しめるのでオススメ。

SUZUKI/スズキ アドレスV 車種一覧

車種タイプ

SUZUKI/スズキ アドレスV パーツを絞り込む

SUZUKI/スズキ アドレスVに適合したパーツを次から探すことができます。

ツーリング用品

バイクパーツ

SUZUKI/スズキ アドレスV 新着パーツ

車種メーカー一覧

他メーカーの人気車種

カート内容

商品数 : 0点

合計(税込) : ¥0

カート

  

SEED DIRECT会員登録

 

メールマガジン登録

 
 

SEED ツイッター

未掲載の商品をお探しの場合はこちらのフォームよりお問い合わせ下さい。
メールにて見積りさせていただきます。
※純正部品に関しては現在取扱っておりません。

クルマ&バイク用品・パーツの事ならCroooober(クルーバー)